サウナって本当にダイエット効果あるの?

サウナから出た女性の画像

こんにちはKomachi(♂)です!

「サウナで汗かいて痩せよう!」ってダイエットあるあるですねー。
Komachi(♂)も銭湯行ったら必ずサウナ入って、汗かいて痩せて出てきます!

さてさてここでいきなりの問題なんですが、ダイエッターにとってのサウナの効果って「汗の量だけ痩せる」こと?
それとも「体内の老廃物を外に出して新陳代謝を良くする」こと?

まぁどちらも間違ってはいないんですが、僕の考えるサウナ最大の効果って
「痩せやすい体質づくり」なんです!

まぁ、体質づくりと言っても1回で変わるかと言ったらそうではないんですが・・・
しかし、サウナで得られる効果って他のダイエットには無い、スゴイ特徴を持っていますので知ったもん勝ちです!

ということで、今回は”サウナで体質改善”をテーマに書いていきたいと思います。

一言でいえばサウナに入ると”褐色脂肪細胞が活性化される”です。

どういうことかというと、体内にある脂肪って良くあるゼイ肉のイメージだと思いますが、生体学的には”白色脂肪細胞”と”褐色脂肪細胞”の二つに分けられます。
働きは?というと、

白色脂肪細胞・・・体内に非常用エネルギーを蓄積する
褐色脂肪細胞・・・蓄積されたエネルギーを消費する

という相反する働きを持っています。

こ、これは!!
脂肪なのにエネルギーを消費するなんて、20トリビア!って学生時代に衝撃を覚えました 笑。

ということで、サウナは褐色脂肪細胞を活性化することで、日常生活の中でのエネルギー消費効率をアップさせるという効果を持っているんです。
では、褐色脂肪細胞に関する豆知識。

1.体内に40gしかない!!
2.分布は肩甲骨から肩~首にかけて
3.寒熱差によって活性化する←ここ大事!

ということです。なので、サウナに入ったらこのようにしましょう。

1.サウナでリラックス。
2.高温なら5分くらいで十分、低温なら10分くらい。(体調の管理には気をつけて!)
3.サウナから出たら、5分~10分くらいクールダウン。
4.冷水を肩から30秒浴びる。(冷風呂でなくてシャワーで十分)
5.再びサウナへ・・・(理想は5,6回繰り返し)

大切なことは”冷水を肩から浴びる”ということ!!
目的は褐色脂肪細胞の活性化なので、そんなに長い時間サウナに入っていなくても全然大丈夫です。

最後に注意事項です。

1.サウナで消費カロリーとか、汗の量とか絶対に気にしない!サウナは座っているだけで体に負荷がかかってしまうという、体にとっては苦痛な時間です。「1時間で150kcalだから・・・」なんて絶対に考えるのはダメです。サウナは即効性ダイエットではありません!
2.水分補給必須。クールダウンの時間には必ず水分補給をしましょう。
3.体調が悪くなったらやめる。
4.冷水を浴びる時の体に対する負荷は非常に大きいです。血管が急激に縮小します。元々、心臓血管系・脳血管疾患系・腎臓疾患などを持っている方は、主治医にご相談をしてください。

これさえ知っていればサウナが有意義な時間になりますね。
また、自宅の風呂でも実践できますので、チャレンジしてみてください!
実感としては、褐色脂肪細胞が分布されている部位に熱を持ちますので、「肩甲骨から首から肩にかけてポカポカしてくる」と覚えておきましょうね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. パスタとサラダの画像

    パスタで痩せたよ。薬剤師Komachiの食事事情

  2. ウエストを測る女性の画像

    何でダイエットしても痩せないの?

  3. 赤いスニーカーで登山をする画像

    登山はいい女の娯楽ダイエットです。

  4. ランニングする女性の画像

    運動で消費されるエネルギーを計算してみよう!

  5. 筋肉トレーニングをする女性の画像

    体重を減らすとき最も大切なこと。それは・・・

  6. トレーニングをする女性の画像

    基礎代謝量が低下したままダイエットなんて!

  7. 目がうるうるした女の子の画像

    ウルウルおめめを作り上げる目薬の選び方

  8. メイクブラシセットの画像

    男から見た化粧ってのは・・・

  9. サイクリングをする女性の画像

    残念ながらダイエットにトレーニングは欠かせませんので

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP